知らなきゃ損!医学生・若手医師のためのおカネの話

知らなきゃ損!医学生・若手医師のためのおカネの話

こんにちは、医学生のかずき(@kiyoc1220)です。
今回は、医学生向けに本を1冊紹介したいと思います。

医学生のみなさんは、医師になれば高収入を得ることができ、お金持ちになれる、漠然とそう思われているかもしれません。

しかしながら、必ずしもお金持ちになれるとは限らない、というお話です。

というのは、まず高収入であれば、その分多くの税金を取られることになります。
その上、医師は医学書や学会、飲み会等に多くのお金を持っていかれることになり、出費が多いのです。

飲み会では、医師という職業で差別されていて、参加費が高く設定されている、という話もよく耳にしますよね。

さらに、学費を払って大学院に通ったり、家族や子どもを持つ、となれば手元にはほとんどお金が残らない、ましてやお金がどんどん減っていく、なんてこともありえます。

そこで大切になってくるのが、お金に対する意識、マネーリテラシーです。

しかし残念なことに、基本的に医学しか勉強してこなかった医師は、経済学など勉強したことがあるはずもなく、お金の知識が全くないことが多いのが現実です。

マネーについての専門書で勉強するのはハードルが高い…。

そんな医学生・若手医師向けに、次の本を紹介したいと思います。

この本は、勤務医かつ個人投資家であるDr.K先生によって書かれたものですが、Dr.K先生は、投資で4億円を稼ぎ出しており、本の出版や記事投稿などをたくさんされている有名な先生です。

本書籍の良いところは、お金の知識が全くない初心者を想定して執筆されているので大変読みやすく、専門用語も丁寧に解説されているところです。

1.収入編、2.支出編、3.節税編、4.資産運用編、5.保険編、6.その他編 で構成されており、内容はどれも目から鱗が落ちるものばかりです。

また、
医局に入るべきか?
保険はどうする?
勤務医 vs 開業医

といった興味深いテーマについても論じられています。

投資や資産運用の章については、自分の資産をさらに大きくしたい、という方のみ読んだらいいかなと思いますが、それ以外の章は全て医師全員に関係してくる内容です。

なぜここまでお金、お金と強調しているかと言うと、

知らないことで損をしたくないからです。

逆に言うと、この本に載っていることを知らないと確実に損をします!

実際に、知識不足により騙されて損失を被った医師の話も載っています。

医学生と若い医師の方にはぜひ読んで欲しいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です