僕がブログを始めた理由

こんばんは、かずき(@kiyoc1220)です。

今回はブログを始めることになったきっかけを話していこうと思います。

前書き

僕は医学部5年の大学生です。
医学部生のブログとなると、医学知識のアウトプットのため、もしくは医学部の学校・勉強事情について書いているイメージがあるかと思いますが、僕はそれらをメインに記事を書いていくつもりはありません。

というのは、まず単に医学知識を掲載するブログは医学部生が書いても需要はあまりありません。
医師ブログの劣化版になってしまうからです(医師でブログをやられている方は多い)。

次に医学部の内部事情についてですが、僕は不真面目な学生で授業にほとんど出席していなかった上に、医学を真剣に勉強してきたわけでもないので、特に書くことがないからです(笑)

そんな僕が突然ブログを始めたのは、いくつかの理由がありました。

 

ブログを始めた理由

書けるネタの多さ

僕は趣味と言えるものがたくさんあります。
というのも、かなりの飽き性なので、何かにハマっては飽きて、というのを誰よりも早いペースで繰り返しているからです。

しかしこれがブログを書く上ではメリットになってくると思っています。

例えば、趣味の1つである音楽鑑賞についてですが、気に入った曲をリピートしまくっては、飽きて新しい曲を探し求めるので、ブログを書くネタは無限に出てくるのです。

 

ライティングスキル

僕はそもそも文章を書くことが大の苦手です。
小学生の読書感想文なんかは特に苦手で、どう書き進めて良いか全くわかりませんでした。

しかし、文章を書くことは今後一生付きまとってきます
苦手を克服したい。

そこで目をつけたのがブログでした。

ブログを実際に書き始めてから特に思ったことですが、多くの人に読んでもらう文章を書くという経験が、大学生にとってはかなり貴重であるということです。

大学の授業のレポートでも多少は文章を書くと思いますが、そのレポートは基本的に担当教授にしか読まれないわけで、せいぜい単位が取れればいいや、という軽い気持ちで多くの人が書いているんではないでしょうか。

それに対して、ブログを書くとなると臨み方が全然変わってきます。
自然と論理的でわかりやすい文章を書こうと意識しますし、そのための勉強も同時にしていくことになるので、ライティングスキルを高めることができるのです。

 

 

WEBスキル

これも前項の動機とほぼ同じで、パソコンが大の苦手だからです。

今までパソコン作業に関しては、
俺パソコン作業苦手だから無理だ、、
と言って逃げてきました。

その中でも、苦手以前に無知の分野だったのがコードプログラミング関係でした。

実際、ブログの運営ではまずサイトを作ることから始めなければなりませんでした。
独自ドメインを取得して、紐付けして、サイトの設定を完了させるだけで何日もかかりました。

いざブログを書こうとなってからも、HTMLCSSといった下の暗号のようなものに苦戦した上に、SEO?何それ?という状態でした(わかる人にはいかに低次元の話をしているかわかると思います)。

サイトを立ち上げる道のりだけでも得られるものは大きかったですが、今後もそれらを勉強していかなければなりません。

そういったWEBスキルを身につけることによって、自分の幅が広がってくれると期待しています。

 

自己メディアを育てる

これは、自分の意見を発信できる媒体を持つということです。

たくさんの人に読まれるブログというのは、世の中に対して大きなインパクトを生み出すことができます。
ツイッター等のSNSもそうです。

例えば、フォロワー10人のアカウントと、フォロワー5万人のアカウントでは、同じツイートをしていたとしても当然ながら影響力が異なります。

影響力のある自己メディアを持っていると、自分の意見に賛同してくれる、本来出会うはずのなかった人たちと出会うことができたり、その影響力を利用してビジネスを起こすこともできます。

影響力は人脈とお金に変わるのです。

超有名ブロガーのイケハヤ氏(@IHayato)は、自身のブログで以下のようにおっしゃっています。

影響力って、超重要な資本だと思うわけです。

影響力は21世紀の資本。

「影響力」は「お金」に勝る資本なのです。

すごくシンプルにいえば、ツイッターでフォロワーが10万人いれば、多分死なないですよね。

ぼくもフォロワーが6万人弱いるので、「やばい!飢え死にしそう!誰か助けて!」と銀行口座の情報付きで投稿したら、誰かお金を振り込んでくれるでしょう。

「影響力」がビジネスにもたらすインパクトも大きく、ぼく自身がまさに「影響力」からお金を生み出して、生きています。現在の読者数は80万人ほどですが、これが200万人くらいになれば、売上も数倍になっていくことでしょう。

お金は使えばなくなります。影響力は、使ってもなくなりません。それどころか、うまく使えば増大します。ここが、影響力という資本の面白さだと思うんですよね。

 

このようにさまざまなチャンスが巡ってくる可能性が高くなるのですが、医師として普通に働く分には自己メディアはあまり必要ではないかなと思います。

ところが僕の性格上、病院で働く臨床医を死ぬまで続けるとは到底想像しがたいです。

ブログ記事のジャンルは時を経て変わっていくとは思いますが、自分のブログSNSを育てておけば、もし将来何か別のことを始める場合にかなり強い武器になってくるでしょう。

 

 

タイピング

タイピングのスキルは今時どんな職業に就くにあたっても必要になってきますが、残念ながら僕は普段パソコンに触れる機会がほとんどないので、キーボードのタイピングももちろん苦手です。

ブラインドタッチをやろうものならものすごい時間がかかります。

一方で、僕は携帯依存症気味なので、スマホのフリック入力の方がかなり早いです。
Wordで作成するレポートも、ほぼ全てスマホ1台でやってしまっていたくらいです。

しかし、ブログサイトを運営するにはパソコンの方がかなり便利です。
そうなると自然とタイピングの機会も増えるので、同時にタイピングスキルも上達させることができます。

 

小金稼ぎ

これは長期的な最終目標です。
ブログの記事を書き重ねていき、ブログに広告を貼る審査が通れば、収入を得ることができます。

しかし、収益化できたとしても、最初はせいぜい月数百円ほどかもしれません。

ブログは何ヶ月、何年と継続して初めて大きな形になってくるものだと思うので、現時点では、将来的にあわよくば副業収入にできればと願う程度です。

 

 

最後に

以上のことから、ブログを始めない理由がありませんでした。

物書きとしてもサイト運営者としても初心者ですが、自分の体験を含めた圧倒的なクオリティーと、文章の読みやすさを意識して執筆していこうと思っているので、どうか温かい目で見守っていただけると嬉しいです。

これからよろしくお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です