国内線LCCの航空券セール必勝法を公開します!

国内線LCCの航空券セール必勝法を公開します!

こんばんは、旅行好き大学生のかずき(@kiyoc1220)です。

みなさんは国内旅行の費用を少しでも安く済ませたいと思いませんか?

航空券というのは、航空会社ごとに定期的に安売りセールが行われており、異常に安くなるタイミングがあります。
そのタイミングで航空券を購入できれば、移動費を最小限に抑えることができるのです。

僕は過去に、名古屋⇄札幌往復10円や、大阪⇄沖縄往復12円といった航空券を購入したこともあります。

往復10円前後の航空券を、過去に合計4回も購入できた人は日本中探してもほとんどいないでしょう。

そんな僕が、今回特別にセール必勝法をお教えします。
本記事に掲載されている方法を実践すれば、必ずや航空券セールを勝ち取ることができるでしょう。

 

LCCについて

よく耳にするLCCとは、Low Cost Carrier(ローコストキャリア)の略で、格安航空会社のことです。
日本の国内線に限定すると、Peach(ピーチ)、Jetstar(ジェットスター)、Air Asia(エアアジア)、春秋航空などがあります。

では、なぜANAやJALといった他の航空会社に比べて低料金を実現できているのでしょうか。

 

変更や払い戻しが効かない

LCCは、天候不良で飛行機が飛ばなくなったり、搭乗者本人が病気になったりした場合以外は、変更や払い戻しが効きません。

仮に変更ができた場合でも、高額の代金を請求されます
LCCの航空券を予約する場合は、予定をしっかり確定させてからの方が無難でしょう。

 

 

機内設備・サービス

LCCには、通常座席に設置されているモニターがないことが多いです。
もちろん充電コンセントもほとんどの場合付いていません

乗る前に電子機器をしっかり充電しておきましょう。

また、足元のフットスペースが狭いです
長時間のフライトが辛い人にとってはLCCを避けた方が良いかもしれません。

それから、機内食がないことも特徴的です
LCCでは短距離路線が多いので困ることは少ないかもしれませんが、把握しておくべき重要なポイントですね。

 

預け入れ手荷物が有料

これは引っかかる人が特に多いので注意していただきたいのですが、オプションを付けずにLCC航空券を予約した場合、荷物を預けることができなくなっています。

機内持ち込み手荷物のサイズ・重量(5kgもしくは7kg)を超えた手荷物は預け入れなければなりませんが、これが有料になります。
しかも搭乗当日にカウンターで預け入れ手荷物料金を支払う場合、高額の請求をされることが多いです。

旅行前に多額の出費を負うのはつらいですよね。

対策としては、なるべく機内持ち込みできる手荷物のサイズ・重量に抑えることです。

それでも預け入れなければならない場合は、予約時、もしくは事前にオンラインで預け入れ手荷物の申し込みをしておくこと。
預け手荷物料金は、当日に支払うより、事前に申し込んでおく方が安く済みます。
ぜひ知っておいてください。

それでは、本題に入っていきましょう。

 

 

セールを勝ち抜く方法

航空券セールというのは、抽選ではなく全てインターネット購入での先着順になります。
よって、他の人たちより早く購入完了画面まで進めなければなりません。

そのためには、セールに臨む前に以下の4つのことを行なってください。

 

セール情報を仕入れる

まず、セールが始まる前にそのセール情報を得なければなりません。

僕は、ツイッターで以下のLCC各社のアカウントと、セール情報アカウントをフォローしています。

AirAsia(公式)@airasia_jpn

【公式】Peach @peach_Aviation

ジェットスター @Jetstar_japan

LCCjp @flylcc

LCCセールnavi-格安航空券情報- @airticketnavi

他には、LCC各社のメーリングリストに登録することでもセール情報を得ることができます。

 

セールの対象期間・曜日の確認

セールが行われる場合は、必ず航空券の対象期間が決まっています。
GWやお盆、年末年始などは基本的に対象になりません

値下げしなくても売れるからです。

また、対象の曜日が決まっているものが多々あり、土日が含まれていなかったりもします。

これら対象期間を確認するには、必ず各航空会社の公式サイトでセール詳細を必ずチェックしてください!
いざセールが始まってから、自分の狙っていた日程が対象じゃなかったと気付いても、別の日程を考慮している時間はないですからね。

 

会員登録をする

セールを実施する航空会社の無料会員登録をしておいてください。
そして、航空券予約画面であらかじめ会員ログインをしておくのです。
Peachの場合は、下の「ログインして検索」というボタンを押す)

そうすることで搭乗者情報等の以下のような個人情報が自動で入力されるので、手動で情報入力する手間を省くことができます。

つまり、時間短縮に繋がるのです。

予習をする

セールが始まる前に、実際に予約画面で希望の日程を入力して検索して、最後の購入確定画面の直前まで情報を入力してみてください。

そうすると、預け入れ手荷物や座席選択の有無、保険に加入するかどうか、クレジットカード情報等、何を入力しなければならないかを知ることができます。

セールが始まってからこれらの項目を検討していると確実に間に合いません

あらかじめどのような選択をするかを決めておき、その入力の流れを予習することで、ここでも時間を短縮することができるのです。

 

最後に

航空券のセールでは、始まった瞬間に何千人、何万人という人々がそのサイトを見るので、かなりの高倍率になります。

片道数十円や数百円の航空券では、1便につき2、3席しか枠がない、なんてこともあります。

しかしながら、僕が述べた方法を全て実践している人はまず存在しません。

これら4点全てを実践しているだけで、その頂点に立つことができるのです。

本当は航空券セールで敵が増えて欲しくないのですが(笑)、みなさんにも安く国内旅行を楽しんでいただきたいと思い執筆致しました。

ぜひ実践してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です